[7/13 10名限定]コロナ真っ只中、51歳で生まれて初めて起業した話
[7/13 10名限定]コロナ真っ只中、51歳で生まれて初めて起業した話
translation missing: ja.products.product.gallery_thumbnail_alt
translation missing: ja.products.product.gallery_thumbnail_alt

[7/13 10名限定]コロナ真っ只中、51歳で生まれて初めて起業した話

translation missing: ja.products.general.regular_price ¥1,000

translation missing: ja.products.general.unit_price_label translation missing: ja.products.general.unit_price_separator 

残り0

コロナ真っ只中、51歳で生まれて初めて起業した話

大学を卒業して、熊本の遊園地事業の会社に11年。その後、福岡に本社を持つ、外資系広告会社に17年在籍。最後は営業局長のポストまで行ったけど大英断で独立を決意したのはいいが、春先から世界的コロナパンデミックに。そんな中、生まれて初めて起業した私の、会社員の楽しさと起業の自由をお話しさせてください。

開催日時

2020/07/13 20:00~21:00

定員

10名限定

備考

ご購入をいただきましたら、開催前日にメールアドレス宛に参加URLを送付させていただきます。受信できていない場合などは、事務局までお問い合わせくださいませ。

ZOOMでの開催を予定しております。参加方法などの詳細は、こちらを御覧くださいませ。

講師紹介

僕の大事な福岡の兄貴です。最初に出会ったのはおそらく7,8年前、これまた尊敬する兄貴であるナオ(本田直之)さんからの紹介だったろうか。「福岡にイケてるローカルメディアがあるぞ」と。こちらはこちらで雑誌『CANVAS』を出したばかりくらいの時で、2号目の構想を練っているタイミング。で、編集長である妻も入れて3人で赤坂の中華料理屋さんでお会いしたのを覚えている。その後、僕は脱サラ脱東京・宮崎移住をしたのだが、宮崎での最初のトークライブにナオさんらと一緒に出てもらったのが俊郎さんだ。そこより僕が福岡へ訪れるたびに、いろいろな場所やお店や、人を紹介してもらいながら、お互いの将来について熱く長く語らいあったものです。その時のメインテーマは決まって「起業(脱サラ)」についてだった。そんな兄さんが、こんなとんでもないタイミングで起業されたってことでお話を聞かない訳にはいかない。そんな彼のストーリーを、みんなでおもしろおかしく笑いながら、学びまで得ちゃおうと思います。

学園長 宮原秀雄

Profile

小柳 俊郎

CROMAGNON&Co. 代表取締役社長/CEO

福岡県出身。同志社大学経済学部卒業後、レジャー事業会社に入社。11年間遊園地の企画宣伝の現場に携わる。2003年より、外資系広告会社BBDOJWESTに転職。100社にも昇るメディア戦略・バイイング業務を経験。大手メジャー配給会社の業務では2014年のトム・クルーズ博多招聘を実現した。福岡の変革を恐れないオトナたちへ向けたフリーペーパー「BOND」を2011年に創刊し2019年まで編集長。福岡の八女茶を世界に発信する「八女茶ブランディングプロデューサー」「事業構想大学院大学 ブランド戦略特任教授」は現在も担当。2020年5月、ビジネス・ブランディング・カンパニー「CROMAGNON&Co.」を起業。

translation missing: ja.layout.drawers.close

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shoppin Cart

カート内に商品がありません
講座を探す